洋楽 パンク

セックス・ピストルズ / 勝手にしやがれ!!
セックス・ピストルズ / 勝手にしやがれ!!

¥ 1,000

帯付き

ジャケットにライナーと歌詞が記載されています。

“ジョニー・ロットン”在籍時に発表された唯一のアルバム。

VJCP-23171



ケースは1部 ヒビがあります。



以下 wikiより ~

本作のレコーディングは1977年春から夏にロンドンのウェセックス・スタジオにて断続的に行われた。
プロデューサーのクリス・トーマスは、プロコル・ハルム、ロキシー・ミュージック、サディスティック・ミカ・バンド等を手がけたベテランであり、
スティーヴ・ジョーンズのギターを何重にもオーヴァー・ダビングすることで、音に厚みを出した。
また、実際の演奏よりやや速目に再生されるよう録音した。
エンジニアはビル・プライスが務めた。


ベーシストのグレン・マトロックは、「アナーキー・イン・ザ・U.K.」「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」「プリティ・ヴェイカント」(2番の2行分をロットンが作詞した以外は作詞も担当)など、半数以上の曲を1人で作曲したが、本作のレコーディング直前に脱退している。
2000年に行われたインタビューで本作を「ラジオで1曲だけ聴くと凄くいいと思う。でもアルバムを通して聴くと、ちょっと平板というか。僕がいたら、もっとカラフルにできていたかも」と語っている。

マトロックに代わって加入したシド・ヴィシャスの演奏技術が拙かったため、ベースはギタリストのスティーヴ・ジョーンズが担当した。また、すでにシングルとして発売されていた「アナーキー・イン・ザ・U.K.」のベースはマトロックによるものである。


本作制作中のピストルズのレコード契約は不安定なものであり、テレビでの舌禍事件を理由にEMIから契約を打ち切られた後、A&Mレコードと契約するもすぐに破棄された。
一時は契約がない状態になったが、最終的にヴァージン・レコードと契約。
本作に収録されている「拝啓EMI殿」は題名通りEMIを揶揄したものであり、曲の最後でA&Mにもメッセージが向けられている。

タイトルの中の「Bollock」(スラングで「睾丸」の意)が猥褻だという理由で、警察は本作の販売店に圧力をかけたが、裁判では猥褻に当たらないとされた。

発表から3ヶ月後、ピストルズは初のアメリカ・ツアーに向かったが、現地でジョニー・ロットンが脱退。バンドは空中分解し、結果的に本作がデビュー作にして最後のアルバムとなった。

イギー・ポップ&ストゥージズ
イギー・ポップ&ストゥージズ

¥ 2,400

帯付き

WMC5-378

ブックレット形式のジャケットにライナー・歌詞が掲載されています。

帯裏の左下に折れたような跡があります。

ストゥージズのデビュー・アルバム。
“ヴェルヴェット・アンダーグラウンド”在籍時の“ジョン・ケイル”がプロデュース。

「1969」 「I Wanna Be Your Dog」 「No Fun」収録。

イギー・ポップ / アヴェニューB
イギー・ポップ / アヴェニューB

¥ 540

帯付き

VJCP-68118

ライナー・歌詞(日本語歌詞)付き

ブックレット形式のジャケットに英語歌詞が掲載されています。

帯の題字は“向井秀徳(ナンバーガール)”

日本盤のみ“ジョニー・デップ”参加の「ハリウッド・アフェアー」を含むボーナス・トラック2曲収録しています。